怒ンパッチ
どぉぉぉぉぉーーーーーん、、、、、、ぱち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんぱっち

↑これが

噂の怒んぱっちです。

首領パッチ(ドンパッチ)は、漫画『ボボボーボ・ボーボボ』『真説ボボボーボ・ボーボボ』に登場する架空のキャラクター

身長 - 2mm~17m(アニメでは50cm弱)
体重 - 0.4g~140t(アニメでは200g)
血液型 - P型
誕生日 - 13月0日(アニメでは6月20日生まれの双子座)
年齢 - 不詳(2024年に還暦を迎えるため計算すれば年は分かる。参照<注:30XX年の設定にのっとってはいない> 声優はゲーム・アニメともに10代後半の少年・青年の様に聞こえる。)
先祖 - シゲキX
好物はコーラ、ちなみに読みきり版では炭酸×2のジョルトを飲んでいた。趣味と特技はハジケ。嫌いな物は爪が飛び散るタイプの爪切り。チャームポイントはキュートな口元。最近腹が立った事は『NARUTO -ナルト-』の最新巻が売り切れていた事。尊敬する人は刑事(デカ)長の轟ゴロー。自慢できる事はケンカ。自分を芸能人に例えると一青窈。宝物は預金。旅してみたい国はモロッコ(名前の響きが面白いから)。

太陽か金平糖のような謎の生物。その正体はアルプス山脈の純粋な水にのみ棲息する妖精(らしい)。全体についているトゲは着脱可能で、本人曰く「オレのチャームポイント」。

名前の由来は、味の素ゼネラルフーヅ(AGF)から1970年代から1980年代にかけて発売されていた、口の中でハジケるキャンデー「ドンパッチ」とアーケード向け弾幕系シューティングゲーム『首領蜂(どんぱち)』を合成したものである。

極度の目立ちたがり屋で、ビュティ(ヒロイン)とボーボボ(主人公)を一方的に妬み、いつも自分ばかり目立とうとする。だがボーボボとは何だかんだで気の合う彼の漫才の相方的存在。「ヤッくん」という名の人形を愛用するハジケリスト。ビュティを蹴ったり殴ったりするが、血を吐いたりダメージを受けたりする描写がほとんどないため、ある程度手加減はしているようである。

潜在能力は計り知れず、自分の過去に怒ることで無敵の戦士怒んパッチに、そして更に怒ると怒怒んパッチへと変貌する。「トランスフォーム」と叫ぶといろんな物に変形する(手裏剣、アメ玉、トゲボール、巨大テーブルなど)。首領パッチソード(ネギ)を武器として使う。これは融合戦士にも引き継がれるが、圧倒的に威力に差がある。1回だけ、首領パッチハンマーというのが登場した。これは普通の剣と互角の強さになる。

普段の戦いではボケ役に徹しているが上記の通り潜在能力は凄まじく本気で戦えば相当の強さを誇り、仲間内の中で唯一ボーボボと対等に戦える人物である。 怒んパッチに変身するようになってからはボーボボの代わりにハイドレート、ビービビなどと戦い時間を稼ぐなどボスとの戦いでもまともに戦うようになった。 しかし、真説以降は普通の状態では弱いと評されるようになった。

人気投票では4回連続1位を獲得しており、特に第一回目では票の40~50%を独占した(なお2位のヘッポコ丸でさえ8%前後だった。)。

読み切り版では本名がコンペートーおじさんでデザインがやや角ばっていた(眉毛もなく輪郭も少ない。なお、連載初期でもトゲと顔の境目がない風貌で描かれていた)。そしてほとんどツッコミ役だった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。